image-slider

イベントエッチからの脱却

2015年2月23日
/ / /

妊娠してから1年9ヶ月に入る頃、久しぶりに夜の営みをしました。その間にも誘ってみたけれどなかなか受理してもらませんでした。
赤ちゃんがいるとなかなか環境的な問題からする場所がなく、ではソファでと思ったけれど、ぎしぎしときしむ音が響くので木造アパートの2階に住む私たちには厳しいとなりました。
そうしているうちに月日は流れて、1年9ヶ月ごろに実家に帰って時に空いている部屋が2部屋あり、これはチャンスとなり身を寄せ合いました。
久しぶりすぎて、触れる所は全てくすぐったくてエッチと言うより動物のじゃれあいのようでした。
それから2ヶ月が経つころ、結婚記念日でホテルに泊まりました。これもチャンスと大きなベッドの片方に子供を寝かせ、片方でいざ営みをとなりました。その後もクリスマスの時にしましたが、振り返ればイベントにかこつけたエッチだなと思い、次のイベントはいつかと思ってしまいました。
できたら夫婦生活は定期的にしかも自然に行いたいものです。
最近、亜鉛がセックスミネラルと言われていてココアに亜鉛がたくさん含まれていると聞きました。
旦那がもっと元気になれば、ぎしぎし音だってもう構わない。イベント以外にもしたくなりますようにと願いながら今日もそれとなく渡しました。

Read More

車を洗いました。

2015年2月23日
/ / /

めったに車を洗ったことはありませんが、この地方は冬はどうしても車が汚れます。雪まみれの泥道を走るのでボディーも汚れますし、室中も泥靴で乗るので汚れます。
今年はまだ本家筋への御年始をしてなかったので土曜・日曜で回ろうと思って洗ったと言うわけです。古いと思うでしょうが長い習慣を変えるということは難しいです。
分家が本家に年始のあいさつに伺うというのは本家の方も当然来るだろうと思っていますのでそれなりの用意をします。
田舎でもそういう習慣は薄れてきていることは知っていますがうちの同姓は勝手に自分だけ変えるというわけにはいかないのです。
墓地も総本家の持ち物だし、形式だけですが冠婚葬祭も本家の了承が必要です。親戚代表挨拶も総本家が行います。
これは今時信じられないという意見が多いと思いますが、デメリットばかりではありません。葬儀の際は菩提寺の総代ですから菩提寺との交渉はすべて総本家がしてくれます。

総本家は同姓20軒のすべての冠婚葬祭に出るのですから交際費だけでも大変だと思います。農地解放前は同姓のほとんどの田畑を所有していて、
分家から年貢を徴収していた身分ですから今でも相当の私財はお持ちかと思いますが今の総本家の跡取りさんは謙虚な方でまだ40代の若い方ですが、
良くできた方で公務員をしていたのが親が病気で早くなくなると退職して専業農家に変わりました。農地解放で大分減ったとはいえあの広大な田畑を維持していくのは兼業では無理です。
農地解放では山は対象にはなりませんでしたので山の管理もあります。ただ幸運なことにゴルフブームの時に総本家の山がゴルフ場になり相当売れました。
今また介護施設に山を相当売りました。あるから売れるのです。私たちない人間には売るものはありません。それも運命です。
そんな同姓のお付き合いがまだ続いています。相互扶助の精神もそこには感じられます。

Read More